教室の様子

教室の様子

百マス計算は、スピードと正確に答えれることが重要です。実際に2年生のお子さんが1分24秒を出して、その後もタイムを縮めています。

1分30秒を切ったよ。嬉しかったね! 左利きでも同じようにしています。 読みやすい数字。 人体と骨のパズルにチャレンジ。 ペットボトルに入れた水で、トルネード(たつまき)みたいなうずがつくれるよ。楽しかったね。

教室の様子

百マス計算の魅力と聞かれたら?①遊びながらタイムアタックができること②ゲーム感覚でさっと取り組みやすいです。

2年生のお子さんも、1分30秒を切っています。 幼稚園児さんも、百マス計算に挑戦!はじめは数を少なくして頑張りまーす! 百ます計算の後は、展開図を11個作りました。二つサイコロを作って足したり(3+4=7)引いたり〈4- […]

教室の様子

「学ぶ楽しさ」が、子供の力を伸ばします。心の子育てと、脳への豊かな刺激を与えることで、学習の土台が出来上がります。

教室では、常に楽しみながら学べるレッスンを取り入れています。子供の力をぐんぐん伸ばすことができます。 今回は、まず、フラッシュカードを見ながら「大量の情報を脳に刷り込める」というのが最大の目的でカードを見ました。大量の情 […]

教室の様子

東大生と百マス計算をしてから、子供たちは日々反復練習に励んでいます。どんどんスピードアップして間違いも少なくなってくると「タイムが縮んだことへの喜び・達成感や自信」がついていきます。

学校の算数の授業も「めっちゃ簡単!楽しい」と言うようになり、気づいたらいつのまにか苦手意識がなくなり算数が好きな教科になっています。計算問題、数字への苦手意識がなくなったことで「算数の授業がすきになったんだね」嬉しいね。 […]

教室の様子

指を使って考える! 積み木を使って考える!「指」から「脳」へ。「脳」から「指」へ。教室では、積み木を使い「自然に育つ部分」と「外部からの刺激で育つ部分」を大切にしています。

最初は、自由に形を仕上げていきます。一人ひとりの個性を大切にします。その先にある子供の思考力を育てます!高く積み上げたり、横に広げたり、カチカチと音を鳴らしたり、、積み木のぬくもりを感じてね(^^♪ 小さいお子さんは、積 […]

教室の様子

算数能力を伸ばすために必要な「順序数」「量感」「立体」の中でも幼児期において、数えること(順序)は生活の中で身についていることが多いが「量」で捉えることは少ないので意識的に教室では取り入れています。

知育玩具を使い、「順番」に数えることと「量」で捉えることの違いについて学びます。 「5つのかたまりが大事なんだよ」とタイルを使いながら教えます。 5つが並んだら6~は右横へ並べてくれます。「■=1、■■=2、■■■=3・ […]

教室の様子

4月から自信をもって新学年を迎えられるように、この春休み期間で習ったことをきちんと復習して基礎学力の土台をしっかりと固めることが大切です。

・幼児さんは、短い時間でも毎日コツコツと何かに集中できる時間を作りましょう。集中する経験は、勉強の習慣づけにも役立ちます。まずは「楽しみながら」が大事です。子供にはプリントと遊びに境界線がありません!!          […]

教室の様子

タイルを使い「量」を学びます。数や計算を学ぶときに威力を発揮するのがタイルです

幼児が一目で認識できる数は3~4だと言われています。5以上の数は幼児にとっては大きくて難しいものになりますから、学ぶにあたって工夫が必要になります。そこで教室では、5をひとつの「かたまり」として捉え、6は「5と1」、7な […]

教室の様子

積み木遊びを通して、「空間認識能力」を育てます。

空間認識力とは、物体の位置や方向、大きさ、形状、間隔などが三次元空間に占めている状態や関係を正確に把握する力のことをいいます。教室では、見たものや想像したものを形にします。飛行機やおままごとや汽車遊びの中でも、積木を何か […]

教室の様子

こどもの学ぶ心に火をつける! 好奇心・探求心・探究心を育む、知育玩具。子供たちの考える遊びをいっぱい体験しました。

様々な物事に『好奇心・探究心』を持って取り組んでほしいと考える、親御さんは多いです。 知育遊びで「記憶する力」「考える力」「想像する力」「発信する力」を養います。他に五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)教育を通じてさまざ […]