代表プロフィール

こんにちは、柴田希世美と申します。

私はわが子の教育を胎教からスタートさせました。生まれる前から親子の絆を深めてきたおかげで、信頼関係も育ち情緒の安定した子供になったと思っています。 

                                 
子供が小学2年生になるまで正社員として働いていました。朝早くから夜遅くまで保育園へ預けていましたので、休日はスキンシップをとても大切にしました。 育児をする限られた時間を我が子とどう向き合い、 限られた時間を最大限活用してわが子の教育(知育)に取り込んでいましたので、働くお母さんの子育ての大変さもよく分かります。

「子供を上手に誉めることで、その才能は無限に伸びていく」という理念のもと、わが家では子供の教育に取り組んできました。子供の能力を引き出すためのコツはたくさんあります。

皆様にそのヒントをお伝えしますので、ぜひ実践していただければ嬉しいです。

我が家には算数オリンピックで金メダルを受賞した息子がおります。

小さなうちから子供との関わりのある日常生活の中で 「数や量の意識を育てる知育」をしてきました。
そして中学受験を経て灘中・灘高校から東京大学へ入学しました。

将来”勉強好き”になるかならないかは、”算数”が分かれ道だと思っています。

算数は、正解と不正解がはっきりしているため、不正解となると「自分はできない」とコンプレックスとなってしまうと、それが長く続くケースもあり得ます。算数が好きな子・数に強い子に育てるために、幼児期からやっておくべきことを教室では実践し、幼児期から数に慣れ親しみ、その後の算数への興味を引き出していきます。      

教えている例をいくつか紹介しておきます。

◦「好奇心を引き出す方法」

「小学校入学までにやっておくべき数の勉強」
◦「計算力を高めて算数を得意になる方法」
◦「図形問題が好きになるコツ」
◦「算数が得意教科になる方法」
◦「数に強い子に育てるために、親が日常生活で心がけたいこと」
◦「円周率の覚え方、暗記のテクニック」

などです。

「どうしたら子供たちが学ぶことが楽しい!」と思えるようにするには、どう指導したらよいかを日々考えています。

また、私は「子供を医者にしたい」「東大や京大に入れたい」など高学歴に育てたいという保護者のための教室『幼児教室ひまわり』で算数主任講師を務めています。

「学歴でトップクラスを目指したい」「どんな時代でも強く生き抜ける子供に育てたい」「賢い子に育てるために、親としてできることをしてあげたい」という親御さんがたくさん学ばれています。

子供の教育に関しての絶対的な自信と深い知識を持っている教育のプロフェッショナルが集まり、その教育法を指導しています。

この教室は幼少期の能力開発や、小学校時代の環境づくりなどをサポートするもので、大阪に拠点があります。

他に私は月に4回、りとるきっず保育園 の育脳・知育コースの指導と、マネージャーである私は,、現場の視点からも子供たちを見ています。

私の子育ての経験が一人でも多くの方に寄り添えればと思っています。

一緒にがんばっていきましょう。

取得資格について

・知育玩具アドバイザー資格
・育脳トレーナー資格
・幼稚園教諭資格
・整理収納セラピスト

わが子について

  • 長男は灘中学、灘高等学校卒、東京大学現役合格。東大アーチェリー部副主将。中学受験は灘、洛南、ラ・サール、岡山白陵洛星の5冠達成。算数オリンピック1位(金メダル)
  • 次男は洛南、高砂白陵、岡山白陵、愛光中学校合格。化学オリンピック入賞。現在東京大学理科Ⅰ類。東大アーチェリー部所属。
  • 長女は高砂白陵、須磨学園、岡山白陵中学校合格。現在、中高一貫校に在籍。
  • 3年生で6年生レベルの算数検定合格。6年生で高1レベル、中1で高3レベルの数学検定合格。
  • 園児の時、円周率1000桁を暗記。低学年でルービックキューブ6面完成。